虚無リーマンの競馬予想ブログ

週末競馬だけが生き甲斐となってしまったサラリーマンの競馬予想ブログです

週末回顧2023/12/2,3

悔しくて、チャンピオンズカップの動画を見ることを躊躇ってしまいました。⑦ウィルソンテソーロくん、よりにもよって今日頑張らなくてもいいのに・・・。

と言うことで今週末戦い抜いて賭けたのは計7レース。当たりは堅め決着の1個だけと完敗です。2日阪神7Rで本命にしていた①ジュンウィンダムが出走後落馬で中止となり、単勝と三連複の軸で勝っていた私は問答無用でOUT。ちょっと感情的になって買わなくていいかなと前日言っていた2日阪神8Rを買ってしまったことは猛省案件です。しかも堅いと思った①ウォーターハウスがブービー賞という始末。目も当てられません。

3日阪神7Rでも軸の①セレスティアリティが6着と、軸馬を予想する力をまず鍛えていく必要がありそうです。

で、

問題のチャンピオンズカップです。

ここでの私の予想は少なくとも合格点をもらえる程度はあったと思います。④テーオーケインズと⑨クラウンプライド、どちらかは馬券に絡むだろうと三連複の1列目に置きました。そして、2列目には前残り期待の中穴馬たち。1番人気⑮レモンポップと2番人気⑫セラフィックコールには不安要素があったので3列目までとしていました。

4コーナーまわって直線。なんとばっちり買ってる3頭で来ている。しかも選んだ穴馬の中でも人気薄の⑤ドゥラエレーデが残りそうではありませんか。よし‼︎よし‼︎

と、ここで大外から追い込んでくる馬が一頭。はあ。12番人気⑦ウィルソンテソーロです。4コーナー膨らんで追走した馬は皆脱落していました。でも、彼は違います。⑦ウィルソンテソーロはスタートで出遅れており、後方ながら最内を通ってくることができました。直線を向いてからの末脚には驚かされました。まさかの2着まで滑り込み三連複46万円、三連単は190万円という大波乱の結果となりました。

私がこのレースを当てるためにはまずはレモンポップの能力を信じることが必要でした。やはり軸馬の選定、この精度を高めないといけません。あと、3列目は安くなる上位人気馬ではなく、大穴を検討すると。

 

ふむ。全然遠いですね。惜しいと言うには無理があるか。坂井騎手と原騎手の好騎乗にお手上げです。

明日は最大の虚無を味わえる月曜日。週末に向けて淡々と消化していきましょう。

それではまた。